その研修は必要?今こそ見直しをしてみよう!

本当にその社員研修で大丈夫?

社員研修は、新人の社員を中心に企業に必要な思考や精神、スキルを身につけてもらうためのものになっています。社員研修は通年行われており、企業によってその内容は異なります。しかし、昔から社員研修を行っている企業では、毎年ほとんど同じ内容や、その時代にあっていないものも多く見受けられます。今一度、社員研修を見直す必要があるのではないのでしょうか?
なぜ今現在行われている研修プログラムを見直す必要があるのでしょか?研修ももちろん費用がかさみます。そのため、意味のあまりない、効率の悪い研修であるならば、時間や、費用の無駄になります。また、それだけでなく研修を受けている社員のモチベーションの低下にも繋がってしまいます。

社員研修を行う上でのポイント

社員研修を見直す上で、重要視するポイントがあります。それは、その研修内容の「目的」を正しく理解することです。
例をあげて説明しますと、「プレゼンテーションのスキルを向上させる」研修プログラムがあると仮定します。もちろん、社会人としては必要なスキルですが、このスキルはなぜ必要なのでしょうか?企業において、どのシーンで、どのようにこのスキルが活きてくるのでしょうか?まずはその研修の目的となる根幹の部分をしっかりと見直してください。そうする事で本当に必要な研修と、不必要な研修、もしくは細分化出来るものと分類する事が出来ます。
さらには研修を細分化する事も一つの手です。プログラムの目的さえ分かれば、そのスキルが必要な社員に研修を行う事が出来ます。そうする事で、より社員研修を利益を生むものに昇華することが出来るのです。